RSS Feed

破れている切手の利用法について

Add

破れてしまった切手は状態に応じて郵便局で同じ額面の切手と交換して貰う事が出来ますが、破れた状態がバラバラになっていて、破片が全て揃っていないと交換して貰えない事も在ります。

また、破けてしまっているものは、郵便として利用することが出来ないため、破けているものを封筒や葉書などに貼っても郵便物は配達がされないので差出人の所に戻る事になります。

因みに、一部だけ破けてしまっているもの、真っ二つに破けてしまっているもの、一部分だけが破けてしまっているもの、額面部分が破けてしまっているもの、そしてバラバラになってしまっているものなど状態は様々ですが、状態によっては郵便局で新しいものと交換して貰えることも在ります。

交換して貰えるというのは、あくまでも切手の四隅に在るギザギザの部分の目打ちと呼ばれているもので、デザインが施されている部分が破けてしまっている場合には郵便局で新しいものと交換して貰う事は出来ません。

尚、これについてはこちらを参考にされると解りますが、郵便として利用する事が出来る切手と言うのは、「額面の印字面などに汚損やき損のないもの」と言った決まりが在るため、真っ二つに破けてしまっている場合には使う事が出来ないわけです。

破れ切手の利用法はこちらを参考にされるとどのような利用用途が在るのかを知る事が出来ます。

額面が破けてしまっていて、幾らの切手かわからない、破れた一部が無くなってしまっているので郵便局では新しい切手と交換して貰えないと言うケースは多く在ります。

郵便としての利用は出来なくても破れた切手と言うのは利用価値が在り、破けてしまっても芸術品として新しい作品として誕生することが出来ると言う事です。

破けてしまったものは、1枚だけでは何の価値も在りませんが、1枚の切手の中には色々な色が使われており、これを複数集めて貼り合わせて行く事で絵を描くことが出来るようになります。

例えば、日本地図を描く事も出来ますし、切手の中でも人気が高いとされている見返り美人の図案を作成する事も出来ます。

これらは美術工芸品として一つの作品作りに活用することが出来るなどのメリットが在ることからも、破けてしまっているので使えないと言う事ではなく、再利用する事で素晴らしい芸術作品として活用することが出来ますし、こちらのサイトを見る事で、1つの作品には何枚が必要になるのか、どのような作品を作り出すことが出来るのかなど、実例が紹介されています。

アニメのキャラクターなどの切手

Add

はがきや封筒など郵便物として出そうとする場合には、料金がかかり郵便局の窓口や郵便ポストに投函したりして運んでもらうことになります。

また郵便局の窓口ではがきや封筒などの郵便物を出すときには、所定の料金を払い料金を払ったことがわかるものを貼ってくれるため切手は必要ありません。

しかし郵便ポストに投函するにははがきや封筒に切手を貼らなければいけないため、切手を購入し自分で貼らなければなりません。

はがきは一律の料金で出すことができますが、封筒の場合には重さにより料金が違うため注意しなければなりません。

また封筒は重さ以外にも大きさが問題となるときがあり、定形郵便物と定形外郵便物に分けられ料金に違いが出てくるので、自分で判断できない場合には郵便局の窓口で出す方が無難になります。

切手を購入する場所は郵便局はもちろんコンビニなどでも購入することができ、1円から1000円までのものが売っていますがコンビニでは取り揃えていない値段のものもあるので気をつけましょう。

切手にも種類があり、普通と特殊に記念などの種類にわけられ、特殊に含まれるものにはアニメのキャラクターや各地の風景を描いたものなど、様々な種類があります。切手には普通と特殊に記念などの種類があり、普通に使用する以外にも特殊なものなどアニメのキャラクターなどが描かれているものや、何かの記念として発行されたものなどは使用せずに保存用として趣味で集めるために購入することもあります。

その際に考えなければならないことが、アニメヒーローヒロイン切手は郵便局で購入可能なのか?ということになります。

結論から言えばキャラクターが描かれた切手は郵便局で購入することができます。

これは切手をしようして郵便を配達しているところが郵便局であり、発行しているところも日本郵便株式会社が行なっているためになります。

そのため日本郵便のホームページには新しく発行されたものや過去に発行されたものなど、様々な情報を見ることができます。

しかし郵便局で購入する場合には在庫がない場合があり、その場合には取り寄せになってしまうことに注意が必要です。

アニメのキャラクターが描かれている切手などは発行された年が古いものである場合には、販売終了となっていることもあるので事前に郵便局に問い合わせるかホームページを見るなどして確認をすることも大事になってきます。

またホームページにある切手ショップからも購入ができるので、そこからも確認ができます。

消印の押されていない切手の再利用方法

Add

切手とは、送りたい封書などに貼り付けることで、それに対する郵便料金を前払いしたことの証明となる紙片のことです。それが実際に使用される時には、郵便局で消印が押され、再び使用されることのないように処理されます。時として、郵便に使うあてがあって大量に購入したものの、使う必要がなくなってしまい、未使用のまま手元に残ってしまうケースが発生する場合があります。また、枚数は少ないものの、1枚当たりの値段が高額な切手が手元に残ってしまうという場合もあることでしょう。あるいは、使う目的で封筒などに貼り付けてしまったものの、結局は使わずに残ってしまったというケースもよくあることです。では、消印がまだ押されていないそのような切手の再利用方法にはどのようなものがあるでしょうか。

まず、1つの方法として、商品や会費の支払いに活用できる場合があります。一般によく知られた支払い方法には、銀行振り込みや郵便為替による方法、また現金書留や運送会社による代金引換などがありますが、時として、未使用切手を利用した決済が選択できる場合があります。そのような時に備えて、未使用切手を大切に保管しておくのは良いことでしょう。ただし、そうした場合は裏糊の付いてないものは受け入れられない場合もあるので、注意が必要です。では、「裏糊の付いていない」とはどのようなことを言うのでしょうか。切手は、一度封筒などに貼りつけた後でも、郵便物として使用されず、消印が押されていなければ未使用の状態にあります。したがって、その額面分の価値は依然として保持されています。そのような切手は、水やぬるま湯などに漬けて数分間放置するなどの方法で封筒などからはがし、再利用することが可能です。この場合、裏糊ははがれ落ちてしまいますが、文房具の糊で別の封筒などに貼りなおせば、新品と何ら変わりなく使用することができます。しかし、そのようにしてはがした切手が、送りたいハガキや封書の郵便料金より高額な場合はどうでしょうか。もちろん、所定の料金以上であれば、どの金額のものを貼付しても利用することは可能です。とはいえ、「おつり」は戻って来ないので、そのような利用方法はもったいないと感じることもあるでしょう。そんな時に活用できるのが、最寄りの郵便局で交換してもらうという方法です。額面が10円以上の未使用(つまり消印の押されていない)切手は、1枚に付き5円の手数料を支払えば、同額分相当の通常切手や官製ハガキと交換してもらうことができます。また、額面が10円未満の場合は、額面の50%相当の手数料で同様に交換が可能です。こうして、自分の望む金額分のものに交換することにより、効率の良い仕方で消印のない切手の再利用が可能になるわけです。

切手の計算は大変?

Add

普段から郵便を出すことの少ない人にとって、郵便を出す時に切手を何種類、何枚貼ればいいのか悩むことがあると思います。消費税が8%に値上がりし、価格も10円単位から1円単位となって、余計に分かりにくくなりました。

郵便局の窓口で郵便を出すと、金額を計算して日付や金額が書かれた別納証紙を貼って代用してくれますが、郵便を出す度に郵便局へ行くのも何かと労力を使います。

しかし、現在ではパソコンやスマートフォンで、必要な切手の枚数を計算してくれるツールやアプリが利用されています。必要な金額を入力するだけで、最も少ない枚数を表示してくれるので、電卓をポチポチと叩く煩わしさから開放されます。

また、会社や個人オークションなどでたくさんの切手や収入印紙を購入する時にも使えます。必要な枚数を入力するだけで金額が算出されますし、希望する金額で買えるだけ買いたい時などに便利です。

ただ、切手を使用して郵便を送る場合、ほとんどの料金は下一桁が0円か2円になります。5円となるのは定形外郵便150g以下とゆうメール250g以下を利用したときのみです。そのため、これまで用意していた分に、2円切手を買い足すだけで新しい料金に対応することはできます。

会社の経理などで切手の計算や購入を経験されている人の中には、切手代の伝票を作成するときは課税処理しているのに、切手代は非課税なのか?という疑問を持たれる人もいます。

消費税が導入されてから長い時間が経っても、ネット上で切手は非課税か?という質問が多く見られ、消費税法に詳しくない人にとっては混乱する内容であることが分かります。

切手自体は非課税ですが、これはあくまで配送というサービスの対価として利用されています。そのため、例えば、額面が52円であれば配送するサービス代48円に対して、4円の消費税が課税されることになります。

仮に本体価格に課税した場合、配送するサービス代と合わせて二重に課税されることになってしまいます。こうした事情もあり、本体価格は非課税で、配送するサービスに課税されることとなっています。

そして、買った時に非課税、使った時に課税という処理を会社で行うと、驚くほど手間が掛かります。使う度に伝票で課税処理をしていては、煩雑すぎてとても実務的とは言えませんし、国もそこまで厳密な処理を求めていません。

そこで、継続的に同じ処理をする事を条件として、買った時に課税処理することが認められました。

切手の買取回収業者を知るには。

Add

切手の買取回収業者のことを調べるには、【切手買取口コミランキング】というサイトが参考になると思います。
その理由を、サイト内容と合わせてご紹介してみました。

●買取業者のランキングがわかりやすい
切手の買取をしてくれる業者を6社ピックアップしてランキング形式で記載してくれています。
いずれも高額買取やスピード対応などが自慢の優良業者ばかりですから、どこにしようか迷ってしまうほど!
書いてくれている業者情報をじっくりと読んで、選択してみてください。

●ブラック業者に関する記載がある
切手のような価値のある物はどうしても悪徳業者にターゲットにされてしまいやすいのが現状。
だからこそ、買取をしてもらう側であるあなたに正しい知識を身につけていただきたいのです。
掲載されているすべてのコラムを読んでおけば、魔の手に引っかかることはありません。

●高額買取のポイントを指南
高額買取になりやすい時期、保存状態など裏情報が満載です。
どこのサイトにも書かれていないものばかりですから、忘れてしまわないようメモを取っておいてもよいですね。

切手を売る時に一番役立つサイトだと思いました。
ぜひおすすめする公式ホームページにアクセスしてみてください。

切手の不用品処分ならこのサイトが参考になります。

Add

切手の不用品処分でお困りなら、『切手換金.jp』に掲載されている「切手買取専門業者」を利用してみてください。
私の知人が以前、このサイトを参考に買取業者を選び、実際に買取をしてもらったということなので、間違いなく役立つのではないかと思います。

私の知人によると、記載されているのは
●切手換金の優良業者、優良業者に関する口コミ
切手の換金=買取は優良業者にしてもらうのが一番高額買取につながりやすいとのこと。
そんな優良業者の情報が非常に詳しく書かれてあり、業者選びがスムーズだったと話していましたよ。
確かに一つ一つの業者を公式サイトや口コミサイトで確認するのは時間も労力もかかって大変なので、便利!

●換金に関する口コミ、切手に関する口コミ
いざ切手監禁をする際に知っておきたい情報を口コミサイトから転載してくれています。
利用者の生の声だからこそ役立つ情報ばかり!
どれひとつと無駄な内容はありませんので、しっかりとメモを取りながら読んでいくとよいのではないでしょうか。

●利用者の口コミ
東京口コミ、大阪の口コミなど利用者の体験談がメインのコンテンツです。
良かった点、悪かった点などの参考になります。

もし切手買取をすることがあれば、ぜひご活用ください。